読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40代からのサプリメント

40代は20代とは違う。色々と衰えてくる部分は上手にサプリメントを使って補っていこう

更年期とは?女性の第2の人生の始まり

f:id:kahohime:20170516054842j:plain

更年期とは、閉経を挟んだ前後10年のことで、日本人女性の閉経がだいたい50歳前後なので、45歳~55歳くらいを「更年期」といいます。

 

女性ホルモンの分泌や卵巣の機能は30代後半から段々衰えてくるのですが、40代になるとそれが加速する感じです。

 

卵巣の機能が低下するということは、つまり排卵をしなくなるということ。それによって生理がなくなる=閉経するということですね。

 

<スポンサードリンク>

 

更年期には個人差がある

 

更年期の期間は目安です。だから45歳になって急に体調が悪くなるわけではないですし、閉経50歳より早い人もいれば遅い人もいます。

 

一応の目安であって、必ずこの期間に「更年期障害」と呼ばれる症状が出るわけでもありません。あまり神経質になる必要はありませんが、もしいつもと違うな、と感じたら「もしかしたら更年期かな」と考えてみる、くらいでいいでしょう。

 

生理不順から始まる人が多い

 

更年期の始まりは、卵巣機能の低下によってこれまで通りの定期的な排卵に乱れが生じる=生理不順からくる人が多いようですね。

 

40代に入るとおよそ5%の女性に生理不順がみられるようになってきて、早い人だと45歳くらいから閉経する人が出てきます。

 

そういえば・・・私は3人目を生んだのが40歳なんですけど、もうその直後から月経周期が早くなっています。それまではだいたい28日くらいだったのが、今は23日くらい。これがも数年続いています。

 

今46歳。まさに更年期のまっただ中かなと思います。特に更年期障害かなと思うような症状はありませんが、イライラしやすいかもしれません。ちょっとしたことで腹が立つとか。

 

そんなときは「今は更年期だからしょうがないよね」と思うようにしています。

 

卵巣機能の低下とは

 

卵巣の機能が低下すると女性ホルモンの一つであるエストロゲン(卵胞ホルモン)がうまく分泌できなくなってきます。

 

脳からは「エストロゲンを出して!」という命令がくるのに、卵巣ではそれがうまく出来ない。その身体のアンバランスによって生じる不快な症状が更年期障害なのです。

 

若くても更年期になる!?

 

更年期は45歳以上だから、なんて安心してはいられません。先ほど個人差がある、といいましたが、この年齢よりも早く現れることもあれば、遅くなることもあります。

 

しかも、30代でも更年期障害と同じような症状が出ることもあります。これを「若年性更年期障害」といいますが、女性はなかなか繊細な生き物なので、若くてもストレスなどで更年期と同じ状態になってしまうことがあるんですよ。

 

新たな人生の始まり

 

更年期をマイナスに捉える方は多いと思いますが、それはもったいないと思います。閉経は女性の体にとって自然なことですし、避けられないもの。

 

だったらもっと前向きに考えた方が、イヤな更年期障害も気にならなくなるかもしれないですよ。

 

面倒な生理から解放されるのですし、身体がリセットされてこれから新しく人生を生きていくんだ!と思った方がきっと楽しい。

 

更年期を乗り切った方の話を聞くと、50代に入って「なんか突き抜けた感じ」という、パワフルな方が多いですね。

 

更年期だから、と下を向かないで、この変化を楽しんじゃうくらいの方がきっとうまく乗り切れますよ。

<スポンサードリンク>